ずっとローカルPCに残していたSubversionのインストールメモをこの機会にエントリにした。
導入先はさくらインターネットの共有レンタルサーバ(スタンダード)で
さくらにSubversionをインストールを参考にさせていただきました。

■導入ルール

  • インストールはすべてソースインストール(てかそれじゃないと無理なはず)
  • インストール先は「$HOME/local/svn」
  • 導入前のソースコードは「$HOME/local/svn/src」にダウンロード

■下準備

インストール&作業ディレクトリの作成
mkdir -p $HOME/local/svn/src
cd ~/local/svn/src

環境変数PATHにSubversionの実行コマンドの参照先を通す
echo "export PATH=$HOME/local/svn/bin:$PATH" >> ~/.bashrc

■swigのインストール

CやC++で書かれたプログラムやライブラリを他の言語から使用するためのOSSツール

wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.40.tar.gz
tar xzvf swig-1.3.40.tar.gz
cd swig-1.3.40
./configure --prefix=$HOME/local/svn
make
make install

■neonのインストール

WebDAVクライアントライブラリ

wget http://www.webdav.org/neon/neon-0.29.6.tar.gz
tar xzvf neon-0.29.6.tar.gz
cd neon-0.29.6
./configure --prefix=$HOME/local/svn --with-ssl --with-libs=/usr/local --enable-shared
make
make install

■Subversionのインストール

Apacheのサポートライブラリであるaprとapr-utilを用いる
DLしたSubversionのディレクトリ配下に両者を移動し、configureオプションで指定する

wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//apr/apr-1.4.5.tar.gz
tar xzvf apr-1.4.5.tar.gz
wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//apr/apr-util-1.3.12.tar.gz
tar xzvf apr-util-1.3.12.tar.gz
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.16.tar.gz
tar xzvf subversion-1.6.16.tar.gz
mv apr-1.4.5 subversion-1.6.16/apr
mv apr-util-1.3.12 subversion-1.6.16/apr-util
./configure --prefix=$HOME/local/svn --without-berkeley-db --with-swig=$HOME/local/svn/bin/swig --with-neon=$HOME/local/svn --with--with-ssl --with-libs=$HOME/local/svn --disable-static
make
make install

■気になったこと

さくらにSubversionをインストールでは
Subversionのconfigureオプションにpython関連の指定があったが
特に付与せずともインストールはうまくいった。なくてもいける…かも?

■おまけ

シェル一発でSubversionをインストールするスクリプト
(とはいっても上記コマンドをまとめただけですが)をgistに設置しました
ご自由にお使いください